スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

魔法の鉄鍋。

魔法の鉄鍋。

こんばんわ、ブルーコーンお父さんです。

これ、なんだかわかりますか??


DSC_2089.jpg


そうです、ロッジのダッチオーブン。
ブルーコーンではこんな物も扱っています。
最近ではルクルーゼなどのカラフルなホーローの物も多くなってきました。
でも、やっぱりダッチオーブンといえばコレでしょ!
僕、実は焚火が趣味なんです。
そこで活躍するのがこのダッチオーブン。
焚火にこのままブチ込みます。
ワイルドに使います。
たいした料理しないんですけどね。
鳥を丸々入れてただ火にかけるだけ・・・みたいな。
そして、フタの上にも炭を載せます。
そしてその上にまた別のオーブン。
そしてまたフタの上に炭。
そしてまたオーブン。
また炭、またオーブン、また炭、またオーブン・・・・写真のように重ねます。
あとは、そんなワイルドな料理をしている自分に酔いながら1時間くらい火の番です。
火力さえ一定に保てれば後は鍋が料理してくれます。
簡単そうでしょ?
簡単なんです。

写真の物は『キャンプオーブン』。
上から、8インチ、10インチディープ、12インチディープです。
もっと小さいのやもっと大きいのもあります。
IHなどでも使える足の無い『キッチンオーブン』もあります。
オプションも多数あります。
こうやって積んで置くだけでインテリアにもなります。
興味のある方は足を運んで手にとって見てくださいね。

ブルーコーンお父さんでした。


そもそもダッチオーブンとは何?

18世紀頃からヨーロッパで使われてきた鋳鉄(ちゅうてつ)製のふた付きの鍋 です。アメリカ開拓時代にはカウボーイにとってなくてはならないものになりました。 なぜなら、限られた荷物の中に調理器具もそうそう持ち運ぶことが出来ない状況 の中で、コレひとつで「焼く」「煮る」「炒める」「蒸す」「揚げる」といった あらゆる調理をこなすからです。しかもそれらが「とびきり美味しく」出来るわ けですから使わない手はありません。
スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。